2014年12月アーカイブ

我が家で住宅ローンを組んでいるのは、夫です。しかし住宅購入時に1500万円近くの頭金を支払っているのですが、それは夫と私とで出しました。そのため住宅ローンを組んでいるのが夫でも、この住宅の名義は夫と私2人で持っている状態です。
これは、夫が提案したことです。共有名義にしておきたいと、夫から提案してきたのです。確かに2人で出し合って、より多くの頭金を支払っておいた方が、住宅ローンで借り入れする金額が減る分、返済が楽になります。それならばと私も承諾したのですが、夫が共有名義を提案した理由は、別のところにありました。
夫は、私と離婚したくないから共有名義にしたいのだと打ち明けてくれました。仮に離婚が決まった時に、共有名義の場合は財産分与に手間がかかることになります。手続きが面倒で、離婚を取りやめにした夫婦もいます。夫も、離婚しそうになっても共有名義なら、離婚を回避できるかもしれないと考えたのだそうです。
絶対に離婚したくないという気持ちがあるからこそ、夫は共有名義を申し出たわけです。それを聞いて私はすっかり嬉しくなり、頭金をたっぷりと支払ったというわけです。

セブン銀行カードローンなら学生でも借りられる!

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。